意外な原因がお尻の黒ずみに

皮膚の黒ずみで、他人に相談できない場所はやはりデリケートゾーンだと思います。

特にデリケートゾーンの中で、お尻の黒ずみによる悩みがあると思います。

実は、お尻の皮膚は意外に刺激を受けやすい環境なのです。

例えば、女性は特にパンツやストッキングなどの下着のサイズが合わず締め付けている環境が続くと、お尻の皮膚が自分自身を守ろうとしてメラニン色素を多く作り出してしまい、メラニン色素が多くなり皮膚に黒ずみが起こってしまいます。

そうすると、お尻にはどんな刺激を受けやいのか具体的には、長時間座っている事や乗り物の座面などで刺激を受けやすい環境が普段の生活で揃いやすいと思います。

その他に、皮膚の黒ずみで厄介なのが締め付けの強い下着や皮膚に刺激しやすいナイロン製の下着で血行がわるくなり新陳代謝が低下してしまいます。

その他に、普段の生活で皮膚に受ける刺激よりも強い様で皮膚の深い所も出メラニン色素がピッタリとくっついてしまう状態なので、その状態を改善させる為には根気が必要になって来ます。

これは、毎日の下着選びをお尻の皮膚に刺激を与えにくい様に、下着のサイズは自分に合ったもので下着の生地は綿やガーゼなどが良いそうです。

 そして、皮膚に刺激が少ない様に凹凸が少ないものや、生地があまり厚くないものなどを選ぶと良いそうです。

そして、お尻の皮膚がガサガサしているからと言って無理にゴシゴシこするのは避けた方が良いそうです。

 皮膚にゴシゴシとこするだけでも強い刺激を皮膚に与える事になってしまい、余計に皮膚がガサガサしてしまう事やメラニン色素が分泌されてお尻の皮膚が黒ずんでしまう原因を作ってしまいます。

その他に、皮膚のニキビやかぶれなどの炎症も皮膚に刺激を与えてしまう原因になります。

女性ホルモンのバランスが崩れてお尻の皮膚に黒ずんでしまう事がありますが、女性ホルモンのバランスが良くなれば数か月で皮膚の黒ずみが徐々に無くなって行くので、お尻の黒ずみとなる原因としては、皮膚の刺激などではないので根本的な原因を探す事が、お尻を綺麗にする方法かも知れません。

お風呂上りなどで行うお尻の皮膚に対してのケアですが。

一番に、乾燥を防ぐこと。

その次にお尻の皮膚を清潔な状態に保つ事がお尻の黒ずみを改善させる為に必要な事になります。

その為に、保湿の為に入浴後すぐにお尻にオイルやボディークリームなどをお尻に塗って皮膚を乾燥から守って下さい。